壱岐の島で「袋入りかき氷」を作り続けて30年超、九州をはじめとするお客様やお取引先の皆様、さらに壱岐の皆様のおかげで大過なく歩みを続けてまいりました。
「良い商品を作るのは良い人」をモットーに、お客様に愛される良い商品を提供するために、社員にとって働きやすい会社、地域に貢献できる会社づくりを目指します。
一歩一歩、歩みは遅いけれど着実な一歩を歩んでいく所存です。
これからも変わらぬお引き立てを賜りますようよろしくお願いいたします。
オランダフーズ 株式会社
代表取締役社長 山下浩文
画像 画像

会社概要

会社名オランダフーズ 株式会社
設立年月日1991年4月
資本金1,000万円
従業員数14名(正社員)
代表取締役社長山下浩文
ホームページhttps://holland-foods.co.jp
本社所在地
(本社・本社工場)
〒 811-5136 長崎県壱岐市郷ノ浦町片原触1551番地
電話番号 0920-47-0239(代)
FAX番号 0920-47-4648
事業内容アイスクリーム類・乳製品・冷食冷菓ルート営業、 販売冷菓(袋氷)製造販売
営業区域壱岐島内全島(アイス・冷凍食品・乳製品)販売 関西・中国・四国・九州・沖縄地区 (冷菓袋氷製造販売)のスーパー各社へ供給
主要取引先株式会社佐々木冷菓、三菱食品株式会社、株式会社やまひろ、 株式会社日本アクセス、沖縄明治乳業株式会社、 株式会社巧芸社、久保商事株式会社、レンゴー株式会社
取引銀行十八親和銀行

沿 革

1991年オランダフーズ株式会社設立
当時のかき氷は主に全酪新世乳業へ販売。
1999年全酪新世乳業の元社長の平川進が再建に乗りだす。
2000年平川進が代表取締役社長として就任。オランダフーズの第二創業スタート。
2003年宮崎の共栄食品の協力のもと、かき氷の生産ラインを大幅に増強し、かき氷の本格生産に乗り出す。
2004年大量生産が可能になった事で、本格的に九州市場への販売をスタート。
2015年福岡営業所設立。
2018年全国大手の回転すしチェーンへかき氷メニュー用の業務用袋氷を販売。
2019年練乳を使った、新しいタイプのかき氷『氷華堂しろくま』を発売。
2020年『暑さに負けるな!かき氷ほんのり塩っぽいライチ味』を発売。
2021年山下浩文が代表取締役に就任。
2022年長崎名物の『食べるミルクセーキ』を発売。
画像